【DTM】おすすめ!チューバ音源【2022年最新】

今回は、チューバの単体音源についてリサーチしてみました。

数は少ないですが、いくつか見つかりました。

また、チューバもバンドルされているものもあるブラス音源や、オーケストラ音源の特集も組んでいますので合わせてチェックしてみてくださいね。

主なチューバ音源一覧

音源名 メーカー 価格帯 リリース
BIG BANG ORCHESTRA: HERCULES VIENNA 8910 2020年6月
BIG BANG ORCHESTRA: IZAR VIENNA 8910 2020年6月
VIENNA WAGNER TUBA VIENNA 4950 2015年2月
VIENNA BASS TUBA VIENNA 4950 2015年2月
VIENNA CONTRABASS TUBA VIENNA 5390 2015年2月
French Horn & Tuba 3 Samplemodeling 12000
Talos AUDIO IMPERIA 21450 2018年10月

おすすめ音源 アンサンブル

Talos

ド派手なブラスセクションを作れる音源がリリースされました。

繊細な表現は一切無く、「怒り」や「破壊」を抜群に表現することが可能です。

今作では、フレンチホルンとローブラスアンサンブルが収録されています。

  • フレンチホルン
  • ローブラス(バストロンボーン、シンバスシ、チューバ)

この音源があれば、アツく情熱的な表現は思いのままです。

デモ音源を聴いてぜひ驚いてみてくださいね。

デモ音源/価格をチェック

公式サイト

BIG BANG ORCHESTRA: HERCULES/IZAR

「BIG BANG ORCHESTRA: HERCULES」は、完全なチューバ専用音源ではないのですが、下記のような構成の低音ブラス音源となっています。

  • バス・トロンボーン(×4)
  • バス・チューバ(×1)
  • コントラバスチューバ(×1)

地鳴りのような低音が特徴で、どんな壮大なシンフォニックオーケストラでも支えてくれるほどアツいです。

legato、trillや数種類のswellといった様々なアーティキュレーションも用意されているだけでなく、FlutterなどのFX系も充実しているのでオーケストラで様々な表情を作ることができます。

また、「BIG BANG ORCHESTRA: IZAR」もほぼ同じ楽器構成の音源なのですが、クラスター系に特化されています。

恐怖系のサウンドはお手の物なので、映像音楽やゲーム音楽で最高のサウンドを演出してくれそうです。

現在のところ、低音特化音源はこの2つ以外に無いので、これは買いだと思います。

デモ音源

公式サイト

価格をチェック

公式サイト

VIENNA CONTRABASS TUBA

VIENNAのチューバ音源です。

音楽の都”ウィーン”のサウンドを再現したサウンドで、壮大なオーケストラ系楽曲になじむチューバ音源はこれですね。

「VIENNA CONTRABASS TUBA」と「VIENNA BASS TUBA」優しい音も激しい音も自在なので、これらがあればリアルな低音はカンペキです。

また、かなり早いパッセージにも対応できるのでチューバソロも十分に再現できますよ。

さらに、ホルン奏者が持ち替えて演奏する「VIENNA WAGNER TUBA」まであるというのですから、このこだわりはハンパありません。

WAGNER TUBAソロは、幻想的でオーケストラに新しい息吹を注いでくれることでしょう。

このラインナップの広さはさすがVIENNAと言ったところでしょうか。

デモ音源/価格をチェック

VIENNA CONTRABASS TUBA

VIENNA WAGNER TUBA

VIENNA BASS TUBA

おすすめ音源 ソロ

French Horn & Tuba 3

とても評判の高いSamplemodelingの音源です。

ソロでこれほどまで柔らかでまろやかな音が出る低音楽器ライブラリはあったでしょうか、、、と思わせるほどです。

とりえあえずチューバソロを前面に出したいならコレで決まりです。

また、トランペット・ホルン・トロンボーン・チューバのバンドルもあるので、これはとてもオススメできます。

デモ音源

公式サイト

価格をチェック

公式サイト

価格をチェック(バンドル)

サウンドハウス

まとめ

チューバと言うオーケストラの打ち込みでそこまで頻繁に使わない楽器でも、これだけ音源があるのには驚きました。

あなたの音楽に最適なものを選んでくださいね。

また、全楽器別に最強の音源リストを作成したので、もしよろければこちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

さらに、金管楽器別のオススメ音源はこちらです。